これからはがん保険に加入する人が増えそう

Posted by Wilson Cham on 8th 7月 2011 in カテゴリ【がん保険】2009-06-02 2009-06-02

がんという病気はとても怖い病気です。
でも、残念ですが誰しもがなり得る病気であります。
がんには備えが必要です。
健康診断で定期的な身体のチェックが必要ですし、自己管理もしなければなりません。
また、万が一のためにがん保険にも入らないといけないでしょう。
今年はいろいろなことがあり、いつもの年よりも時間の流れが速かったように感じます。
これは年のせいばかりではありません。
3月に起きた東日本大震災では、太平洋側の東北地方に甚大な被害を及ぼしました。


また、地震による津波の影響で原子力発電施設が被害に遭い、放射能が漏れるという事態にもなりました。
みなさんもご存じのように、放射能にはがんを発症させるというリスクがあります。
その放射能が原子力発電所周辺の地域やその近県また、風に乗って遠くの地域まで飛ばされ拡散されたのです。
また、放射能に汚染された水が海へ流され、魚介類にも影響を及ぼしているそうです。
放射能の影響は、すぐには出ないようですが時が経つのに従い徐々にあらわれるようです。


日本において死因の一番多いがんが、さらに増えるかもしれません。
わたしの周りでは、がん保険を検討する人が増えてきました。
わたしもその一人です。
安く加入できる年齢のうちに加入しておいたほうが良いかもしれません。
がん保険でがんは防ぐことはできませんが、がんになってしまった場合に大いに役立ちます。
わたしの場合は、原子力発電所の事故ががん保険を検討する契機となりましたが、そうでない場合でも検討に値する保険商品ではないかと思います。

Leave a Reply